井上祐基の高齢者向けフードビジネス経営ブログ

井上へのコンサルティング依頼・問合せはコチラ
研究会のご案内(次世代給食業 経営研究会)
無料経営相談

今後加速的に伸びる在宅配食市場

2017-08-18 10:08:32 テーマ:介護施設, 市場, 新規参入, 高齢者向けフードビジネス, 高齢者向け弁当宅配


 

皆さん、こんにちは!

船井総研 給食業専門コンサルタントの井上です。

 

今までも皆様へお伝えさせて頂いておりましたことですが、

つい先日矢野経済経営研究所様調べの最新市場調査結果が発表されました。

患者・高齢者の在宅シフト進み在宅配食市場拡大

 

事業の本質は、

エンドユーザーであるお客様のお困りごとを解決するサービスを提供できるかに尽きます。

 

この調査を改めて受けて、改めて押さえなければならないポイントは、

事業に参入・拡大する上で

① 伸びている市場なのか?

② 競合の状況はどうなのか?

 

上記2点は非常に当たり前なことなのですが、ここがブレていると思うようにはいかないもの。

 

①についてはそもそも市場が伸びているのとそうでないのでは、難易度は大きく違います。

というよりも重要なのは「市場が伸びている=お客様のお困りごとがここにある」、ということです。

求められているコトを提供することが重要な中で、収益性、社会性、永続性がある配食事業を展開することは非常に意義のあることだと考えられます。

 

②については言わずとも、敵が多くない方が良いということ。

そして競合がいても、十分に戦える余地があり勝てる要素があるのかということ。

 

地場系給食業の強みを最大限生かすことで戦えることは以前よりお伝えさせて頂いておりますので、確認の意味でもぜひ本ブログやコラムをご覧頂ければとおもいます。

http://funai-food-business.com/consultant_data/%E4%BA%95%E4%B8%8A-%E8%A3%95%E5%9F%BA/?post_type=column_pt

 

 

改めて皆様が実践されている、そしてこれから検討されている高齢者向けフードビジネスは、今後益々拡大の傾向です。

重要なポイントをしっかりと押さえ、いち早く地域一番のシェアを獲得し、なくてはならない企業づくりを引き続き応援とサポートさせて頂きたいとおもっております。

 

 

メニュー一覧
テーマ