井上祐基の高齢者向けフードビジネス経営ブログ

井上へのコンサルティング依頼・問合せはコチラ
研究会のご案内(次世代給食業 経営研究会)
無料経営相談

地場給食業 HACCP義務化対応セミナー

2018-06-17 01:06:24 テーマ:最新セミナー情報


『2020年、給食業においてもHACCP対応が義務化となる』

 

給食業を経営される経営者様、この決定をご存知でしょうか?

今ある会社、そして事業を持続的に伸ばしていく意思のある給食会社様は、必ず対応をしなくてはなりません。

 

「ウチにはまだ関係のない話だろう」

と思われた経営者様、もうそうは言っていられない時代がすぐにやってきます。

 

また、

「大きな投資がかかる」

「工場の生産性が下がる」

といったイメージを多くの経営者様がお持ちになられると思います。

 

今回は地場給食業が低投資で導入し、儲かるHACCP導入を実現された事例をお送りさせて頂きます。

その会社の名は、株式会社フードシステム。

当時発祥して間もなかった「フレッシュランチグループ」のFCに加盟し、現在の給食業を専門とした会社を昭和63年に創業。地元富山でシェアを伸ばし、毎年増収増益。その背景には、HACCP導入による大型受注・生産効率の大幅向上が、大きく貢献。現在では一日約1.5万食を製造販売している企業様です。

 

投資がかかり、工場生産性が下がるとイメージのあるHACCP対応が
給食会社として地域一番のシェアを獲得するまでをもたらすストーリー。
どんな取り組みを行ったのか、皆様気になりますよね?

 

<早く先が見たい!という方は以下のURLから>
⇒http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/034095_lp.html

 

このブログお読みなっている皆様は特に感じられている部分もあるかと思いますが、
給食業における産業給食市場は確実に縮小傾向にあります。
消費人口減少による競争激化...
労働人口減少による人手不足...
景気変動による先行き不透明...

 

そんななかで、このフードシステム様は、地場給食業において業績を右肩上がりで伸ばし続けています。

 

この矛盾をどうやって実現したのか?

 

答えはズバリ、低投資&儲かるHACCP導入の実践。

 

「闇雲に答えの出ないやり方を続ける」

から、

「業績を伸ばすための方法を素直に『実践する』

 

今回は1回限定にて、この具体的な取り組みについてのセミナーを船井総研よりご提供させて頂きます。

 

1回のみの限定開催予定です。

是非、地場給食業だからこそ達成できたこのストーリーを、
全国給食業経営者様の今後の経営に役立ててください。

皆様のご参加を是非お待ちしております!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

地場給食業が低投資で導入し、儲かるHACCP導入を実現された
株式会社フードシステムの魚谷社長がご登壇。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/034095_lp.html

1回限りの限定開催!
開催場所は東京のみ1会場です

【東京会場】
2018年7月20日(金) 13:00~16:50(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

 

メニュー一覧
テーマ