井上祐基の高齢者向けフードビジネス経営ブログ

井上へのコンサルティング依頼・問合せはコチラ
研究会のご案内(次世代給食業 経営研究会)
無料経営相談

自社製造不要!在宅高齢者のサポートにつながる配食サービスとは?

2019-09-07 10:09:53 テーマ:セミナー, 新規参入, 高齢者向けフードビジネス, 高齢者向け弁当宅配, 高齢者向け配食


いつもありがとうございます。

給食業専門コンサルタントの井上です。

 

先日、船井総研東京本社にて「シニア配食サービス事業参入セミナー」を開催、無事盛大に終えることができました。

 

本日は施設施設利用者様だけでなく、在宅の高齢者様にも楽しく生きる喜びをお届けし、

その中保険外収入を獲得できるこの事業をご紹介致します。

 

高齢化社会が進む日本で、国は在宅医療・介護を推進していることは時流となっています。

「国が推進する在宅介護=保険外収入を得る事業作り」は、

今後事業の柱を安定的かつ強いものへとするためにも経営判断として検討せざるを得ないのが実態です。

 

そこで在宅高齢者向けの保険外サービスの中でも、毎日必要となる「食」事業への注目が高まっています。

 

・大きく成長する市場で保険外収益を見込めること
・地域住民=高齢者見込み客として接点作りとなること

上記理由から在宅配食へ参入する介護事業者が増えています。

在宅配食とは、お食事を宅配する事業として、在宅高齢者と週に平均して4.5日接触することが可能です。

これほど高頻度に高齢者と接触できる事業は他に無いとして、非常に注目を受けています。

 

これは「在宅配食」を担うことで「何か困ったらこの会社へ」という高齢者にとってトータルサポーターとなるのです。

 

さてこの配食事業への参入方法ですが、

1.自社製造
2.プロへの製造委託

です。介護事業者の場合、2の製造委託での参入が投資も少なくスピーディーに参入することが可能です。

シニア向け配食事業新規参入セミナー

▼詳細はこちら▼
https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/046946_lp/

日程◆2019年08月1日(木)※終了
時間◆13:00~16:30(受付開始12:30~)
会場◆船井総合研究所 東京本社
________________________________________
・どうやって製造委託先を探すのか?
・利用者を獲得する方法は?
・立ち上げるのに知っておいたほうが良いことは?
・実際のお届けはどのようにしているの?

など事業付加にあたって必要なことをお伝えしたセミナーでした。

ご参加できなかった経営者様、新たにご興味をお持ちになられた経営者様、是非一度お目通し頂ければとおもいます。

メニュー一覧
テーマ