井上祐基の高齢者向けフードビジネス経営ブログ

井上へのコンサルティング依頼・問合せはコチラ
研究会のご案内(次世代給食業 経営研究会)
無料経営相談

葬祭業向け高齢者配食サービス参入セミナー

2018-05-21 11:05:24 テーマ:最新セミナー情報


 

さて、皆様の中でこんなお悩みをお持ちの経営者様はいらっしゃらないでしょうか?

 

葬儀仕出し部門が伸び悩んでいる・・・

葬儀会員数が伸び悩んでいる・・・

葬儀会員数は伸びたものの、会員フォロー費用に悩まされている・・・

 

 

全国で売上を伸ばされている企業様でも日々経営の悩みはつきないことかと思います。

 

そのような葬祭業の皆様が、葬儀業の見込み客となる地元の高齢者の方に向けて、

自社でサービスを提供できるように新たな事業を持ちたいという動きが全国で広まっております。

 

 

皆様と同じような悩みを持ちながら、

新たに高齢者サービスを自社で持つことを決意し成功を収めている

北海道のメモリアルむらもとグループの成功の秘訣についてお伝えいたします。

 

 

迫る、5月19日(土)には高齢者配食にいち早く参入された

メモリアルむらもとグループ(いちえ北海道)の村本智宏社長が特別ゲストとして登壇される

セミナーを開催致しました!

 

5ヶ月で高齢者会員名簿を500件獲得できた成功事例を大公開!

葬祭業向け高齢者配食サービス事業参入セミナーについて

↓詳しく知りたい方はこちら

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/028281.html

 

 

 

さて、個人宅向け配食事業というのは

在宅の高齢者に向けて、毎日日替わりのお弁当を、自宅にお届けするサービスです。

 

ご存知の通り高齢化社会が進む日本おいて、在宅の高齢者は益々増えていきます。

 

美味しい食事を手軽に食べたい・・・

毎日食事を作るのが大変・・・

自分ひとりのために食事を用意するのは面倒・・・

 

等、悩まれている高齢者の方々が増えております。

 

地元の企業による見守りサービスも兼ねたこのサービスは

需要も伸び、大変喜ばれる事業となっているのです。

 

 

 

 

 

また、葬祭業この事業を始めるメリットは、大きく2つあります。

 

まず、葬祭業の見込み顧客獲得のための事業であること。

そして葬祭業がフロー型ビジネスなのに対して、ストック型ビジネスであることです。

 

先程お伝えした通り、この事業は

毎日、日替わりのお弁当を、自宅にお届けするサービスです。

 

お客様のリピート率80%超えの高齢者配食事業は、

一度お客様と契約すると、お客様がどんどん積み上がっていくストック型ビジネスになります。

 

顧客のフォローの費用をかけるのではなく、

見込み顧客のフォローをしながらその事業を利益化することが可能なのです。

 

 

 

 

 

本業は葬祭業を経営されている皆様。

飲食業、しかも個人への宅配事業ともなると異業種ということで不安も尽きないかと思います。

 

 

ただ、経営者様の疑問と不安点と致しまして、

 

1.異業種で0からでも高齢者向け配食事業へ参入できるのか?

そして

2.参入しても本当にお客様を増やしていけるのか?

 

というお声を頂くことが多数です。

 

成功事例の秘訣もしっかりとお伝えできる場となっておりますので、是非ご活用下さいませ!

 

東京会場で皆様にお会いできますことを楽しみにしております!

 

 

↓詳細情報はこちら↓

◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆

5ヶ月で高齢者会員名簿を500件獲得できた秘密とは?

新規参入の成功事例を大公開!

ゲスト講師:メモリアルグループ

株式会社いちえ北海道 代表取締役 村本智宏氏

 

葬祭業向け高齢者配食サービス事業参入セミナー

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/028281.html

メニュー一覧
テーマ